日本語教師になるには

日本語教師は日本語を母語としていない外国人に対して、外国語としての日本語を教える役割を果たす人材です。
国語教師のように法律で決められた教員資格があるわけではありませんので、その意味では資格にとらわれない、さまざまな就職のしかたがあります。

日本語教師を利用してみる価値はありますよ。

かつては国語教師を定年などでリタイヤした人が日本語教師に転向するケースもありましたが、現在では民間の資格制度が整えられたことから、逆にこの民間資格、いわゆる日本語教育能力検定試験に合格することが、職業として日本語教師を目指す上では確実な方法となっています。

公民館などでボランティア的に日本語を教えるだけであれば、別に資格まだは必要とはしていませんが、その場合であっても公民館主催の簡易な講座を受講するなど、ある程度の専門性を養うためのフォローがあるのが普通です。


ほかに大学で専門的に日本語教師の養成課程を履修する方法があります。日本語教育能力検定試験も実はこれらの人と同じレベルが要求されているため、実際には大学での履修後に試験に合格をして資格も得ておくスタイルが一般的です。



このカリキュラムは言語学・教育学・音声学・心理学などの幅広い知識を学ぶものですので、すべてを履修するまでには400時間以上の時間数が必要となってきます。



そのため最初から日本語教師のための学科が文学部文学科や文化学科などとは別に開設されていることも珍しくはなく、入学時にすでに将来に向けた選択をしておかなければなりません。