日本語教師という職業の特色

日本語教師は外国人に対して日本語を教えることが役目ですので、義務教育の小中学校で子どもたちに国語を教えている国語教師などとはまた違った職業上の特色を持っています。

日本語教師関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

このような特色の違いから、国語教師は法律による免許制度が採用されているのに対して、日本語教師の場合にはもっぱら日本語教育能力検定試験などの民間の資格試験制度があるだけとなっている点にも注意が必要です。

場合によっては資格なしでもその職業に就くことができますが、現実に授業をスムーズに成立させる上では、やはり資格に準拠した勉強はしておくことが無難です。



例えば国語教師はあくまでも日本語が母国語である子どもが相手ですが、日本語教師の場合はそうはいかず、年齢その他の属性は互いに異なり、しかも母国語ではないという特色を持っています。そのため日本人が英語を学ぶ場合のような、外国語教育のメソッドを用いなければならず、これがたとえば直接法であったり、オーディオリンガル法であったりといった、特殊な方法を教師自身が事前に学んで体得しておかなければならない理由となります。
また義務教育とは違って、生徒は授業料をわざわざ支払ってまで受講しているため、学習意欲が旺盛な反面、教師に対する要求水準が厳しいというのも特徴です。



教え方が上手ではない場合には、当然ですが生徒から不満が持ち上がり、批判の矢面に立たされることがありますので、その意味でも教師としての自覚が求められます。