日本語教師に求められるもの

商業的にも文化的にも国際化が進んだ現代では、日本人が外国語を学ぶ必要があるのと同様に諸外国の人々も日本語を学ぶ必要性が高くなっています。


そこで、日本語学校などで海外の人たちに対して日本語を教える日本語教師が必要となってきます。日本のビジネスや文化を世界に広めるためにも日本語教師の役割は重要であるといえますが、その職につく人にはどのようなことが求められるでしょうか。


まず、正しい文法および発音で日本語が話せることは必須となります。
ある特定の地域でしか使われない言葉遣いや文法的に正しくない表現を常用している場合は、教師になるに際して矯正する必要があります。英会話などを学ぶとわかりますがいわゆるスラングなどを教わる場合も、最初に正しい言い方を教わることが前提となります。

日本語教師の人気度が上昇しています。

生徒が間違った表現や発音をしていたら訂正できる正しい日本語を身につけることが要求されます。



正しい日本語を身につけたうえで、どこで教えるかによって異なる予備知識のレベルが求められます。

学校などで純粋に日本語を学びに来た生徒を相手にする場合は文法や発音のほかに、基本的な日本の文化についての正しい知識が要求されます。
教科書の中に出てくる日本の街や交通機関、食文化について生徒から質問があった場合、偏りのない平均的な回答ができる知識が必要です。

実用会話の専門学校や企業などで教える場合は、すでに働いている社会人なども生徒になります。

そのような場合は、正しい日本語はもちろん、ビジネスの現場における言い回しや日本人なら誰もが心得ている常識的な言葉遣いの知識も求められます。
日本語教師は日本の言葉と共に文化も広める役割を担っていることを認識しましょう。